自分のハンコを作ると様々な場面で役立つ

日常の中でハンコを押す機会は意外と多いものです。仕事をしていると特に使う機会が多くなりますが、それ以外でも荷物の受け取りや名前付けの代わりにと様々なところで使うものです。用事で使うために作るものはもちろん、カジュアルなデザインのハンコを作って楽しんでいくのも素敵です。

どの様な使い方ができるのか見ていきましょう。

(連結できるハンコは意外と便利)

公的なものに使うハンコはきちんとしたものを作ろう

デジタル化が進んでいるとはいっても、まだまだ紙の書類でのやり取りは多いものです。取引をする際の契約書などに必要とされる実印などは長く使うことになります。また、普段銀行印などとして使っているものについても、使用頻度が高くある程度長期間使うことになるのです。

こうしたものについては質の良い素材でしっかりしたものを作るようにしましょう。長期の保存に耐え、使用している間に破損しないことが必要になるからです。もしハンコが一部欠けてしまうなどして、照合する印と違うとみなされてしまうと、手続きに支障が出ることがあるので、重要なものや頻繁に使うものについては安価なものをとりあえず作るのではなく、しっかりしたものを選んでいくことが必要です。

もちろん管理の仕方などにも注意が必要になります。使った後朱肉が付いたままでは素材が傷んでしまう場合もあるので、しまっておくときにはきちんとふき取っておくなど日ごろから配慮をしていくことを意識しておきましょう。

こうした形で長く活用できれば、高価なものでも結果的には安く済むことが多いのです。

ちょっとしたときに使うにはスタンプ式が便利

普段ちょっとしたときにハンコを押す機会が出てくることがあります。例えば宅配便などを受け取るときの印などです。家にハンコはあっても、朱肉を出してきてつけて押してと、手間がかかってしまうと面倒さを感じるものです。

ハンコはあるけれど朱肉が見つからなくて使えないこともあるでしょう。できるだけスピーディーに済ませたいときにはスタンプ式のハンコを用意しておくのがおすすめです。それだけですぐに押印ができるので、手間が減らせてちょっとした用事がスムーズに進みます。

とりあえずは安いものを購入してみてもよいでしょう。使っていて便利だと思ったら複数そろえておくと色々使えます。玄関で使うことが多いので、玄関に一本備えておくとすぐに取り出せて便利です。正式な書類には使えませんが、日常のちょっとしたサイン代わりに使えることが多いので、ぜひ手元に準備しておきましょう。

ペンと一体化しているタイプならより便利です。ペンケースの中に入れておいたり、リビングに置いたりするのもおすすめです。

入手まで日数がかかることも

スタンプ印など一般的な印鑑を購入しようとするときに、店頭に並んでいるものをそのまま購入することができればスムーズに入手できます。ありふれた苗字であれば店頭に並んでいることも多いでしょう。しかし、珍しい苗字だと店頭に並んでいないことが多いので、注文することになります。

すぐに手に入らないことがあるので、それは理解しておきましょう。ほしいと思ったときに購入しようとしてもできないことがあるので、前もってそろえておくことがおすすめです。また、実印などはオーダーメイドで作る場合が多いのである程度日数がかかることは意識して準備したいものです。

大きな手続きが控えているような場合、必要になってから作ることになると間に合わなかったり、手続きが止まってしまったりします。そうならないように余裕をもって準備しておきましょう。自分以外の人がかかわる手続きなどは特に迷惑をかけてしまうことにつながるので、あらかじめ準備をしておきたいものです。

苗字以外のハンコを作ってみる

ハンコは苗字を入れるものと思い込んでいる方も多いですが、フルネームで、あるいは下の名前で作るケースもあります。ぜひいつもと違った形のハンコを作って活用してみましょう。家族の中では名字のハンコでは誰のことだかわからなくなってしまいますから、下の名前で作っておくと識別しやすくなります。

普段の生活の中でも、伝言メモの名前を書く代わりに、自分の物に名前を入れるときなどに活用することができるのです。蔵書印などに活用している方も多いです。スタンプ型なら簡単に使えますから、ぜひ作って活用してみましょう。

スタンプ印を発注するときに、入れる文字やデザインを指定できることがあります。書体など自分らしいデザインを選んで作ると楽しく使うことができます。見る機会が多くなるものですし、公に出すものではないので自分の趣味で作ってみるとよいでしょう。

いくつか書体や大きさを変えて作ってみるのも使い道が広がるのでお勧めです。

あえて文字を入れないハンコを作る

自分のものにハンコを押してみたいけれど、名前を入れるのに抵抗がある方もいるでしょう。そういった方は文字を入れるのではなく、マークなどをいれたものを作ってみるのもよいです。自分だけがわかる目印にできます。

注文して作るタイプのものにもマークが選べたり、自分でデザインするものもあるので、ぜひお気に入りのハンコを作ってみましょう。自分で消しゴムハンコなどを作ってみることもできます。消しゴムは加工しやすい素材ですし、手に入りやすいので作りやすいです。

絵が反転することに注意してデザインをし、作り上げてみましょう。お洒落なデザインなら手紙などのワンポイントにも使えます。

よく書くものをハンコにして手間を減らす

自分の住所をよく手書きする方、特定の文字や文章を何度も書くことが多い方はそれ自体が大きな手間になることがあります。そのようなときにはその書くものをハンコにしてみましょう。押すことで手間が減らせるので他のことに時間が使えるようになり便利です。

書き間違いなども起こりにくいのがメリットです。ほかに日付印などもそろえておくと日付を書く手間が減らせて事務処理が楽になります。自分にとって必要なハンコを作り、日々の仕事や生活に生かしていくようにしたいものです。

いろいろなハンコを作ってみよう

ハンコは単に書類に押すだけではなく、いろいろな使い方ができるものです。店頭で売られているものだけでなく、文字やデザインをオーダーしたり、自分で作ったりすることもできます。

オリジナルデザインのものなどを作ってより広いシーンで活用してみましょう。生活をより豊かに、便利なものとしてくれるアイテムにもなります。