はんこは種類や使い方なども色々ある

普段使うはんこの利用目的としては、認印として使っていることが多いんじゃないでしょうか?しかし実際には、はんこの種類はたくさんあり、それらを把握しておくことがとても重要です。

間違った使い方をして、後で困ったりしたくありませんよね。ここではそのようなはんこの種類や使われる素材などについて、紹介しています。

普段の生活で使用するはんこの種類

日常生活で使用するハンコには、認印・銀行印・実印の三つがあります。認印は普段からよく使うものであり、申込書や仕事などで使う頻度が高いです。契約書以外にも履歴書や役所への届け出などで利用することが多く、このようなそれほど重要度が高くない契約などには認印を利用するのが一般的です。

銀行印は銀行で口座開設をしたり、支払方法で口座引き落としを利用するときなどに利用することになります。そして実印ですが、これは使用する機会はそれほど多くありません。実印を使用する場面は車の購入や不動産取引など、とても大切な契約を交わす時です。

そのため何かの契約をする際に実印を押してくれと言われない限りは、決して押してはいけないものになります。実印を押してくれと言われても、その契約がまっとうなものかしっかりと判断してから押印することが重要です。

また実印を押す際は、印鑑証明書の提出も求められるので、それを用意することも忘れてはいけません。

会社の業務で使用するはんこ

会社の業務で使用するはんこは多くあり、会社実印・銀行印・認印・ゴム印があります。会社実印は法人印とも呼ばれ、会社設立登記をするときに登録したハンコのことを言います。個人で使う実印のように、会社において一番重要なはんこです。

また、会社名と会社の代表者の名前が刻印されるため代表者印とも呼ばれることもありますが、こちらは役職を表す意味での代表者印と間違えないようにする必要があります。会社実印は丸い形状のものが使われることが多いので、丸印とも呼ばれることもあるので覚えておきましょう。

銀行印は会社用として、銀行に届け出したはんこのことです。一般的に丸い形状のものを使用するので、会社実印とわけるために一回り小さいサイズで作ることが一般的です。同じ形だから兼用したくなってしまいますが、紛失した時などに危険が大きいので絶対にやめておきましょう。

そして認印ですが、会社実印が丸い形に対してこちらは四角い形をしているので角印とも呼ばれます。角印は会社実印よりも大きなサイズで作ることが一般的で、会社名や屋号は入りますが代表者の名前が入らないという違いがあります。

ゴム印は請求書や契約書などに捺印する、会社印鑑のことです。住所や電話番号などの会社の基本情報を入れて作るもので、目的によって使い分けることも多いです。

(自分のハンコを作ると様々な場面で役立つ)

はんこに使われる素材

はんこに使われる素材はたくさんありますが、個人と会社で人気の材質が異なります。個人で人気の材質には、男性であればチタンや黒系のカラーのもの、女性であればチタンや木材系のものが人気です。チタンは耐久性はもちろんですが、スタイリッシュなデザインも加わり人気が高いです。

会社印として使われるものにも、チタンは人気があります。日々の業務に使うものなので耐久性が求められるのはもちろんですが、押印のしやすさやスタイリッシュさも理由の一つになります。その他の材質としては、象牙や黒水牛が良く使われるものです。

(女性のはんこは名前で作るのがおすすめ!その理由や作り方を解説!)

はんことシャチハタの違いって何?

はんこは朱肉を使って捺印するのに対して、シャチハタは内蔵されているインクを使って印をするものです。またシャチハタという名前が浸透していますが、シャチハタはメーカー名であり商品の名前ではありません。

シャチハタ社から発売されている朱肉のいらないはんこは、Xスタンパーという名称で売られていたりします。そのため、一般的にはインク内蔵はんことして覚えておくのが良いでしょう。

シャチハタには利用できる場面とできない場面があるので、それをよく理解しておくことも大切です。

利用できる場面は、コンビニなどの領収書や荷物の受け取りなど、法的拘束力や互いの利害などがない場面で利用します。では、法的拘束力や互いの利害があるのはどんな時か、それは国の定めた実印証明書のいる契約や住宅ローンなどです。

ちゃんとした契約などを交わすときは、ちゃんとしたはんこが必要となります。インク内蔵はんこは大量生産されているので、同じ印面が存在するものです。このようなことから、誰でも詐称することが可能になるので、取引ではシャチハタ不可と言われます。

(和柄のはんこで日常にワクワクを!)

どこではんこを用意すればいいか

はんこは色々な場所で売っており、100円ショップや文房具屋でも購入することができます。しかし、これらの場所で売られているのは安いのは良いですが、大量生産されたものです。そのため同じ書体で作られているので、悪用されやすいです。

このようなはんこは、実印や銀行印には向いていないので、絶対に避けるようにしましょう。では、どこで用意すればいいのかというと、近くのはんこ屋さんに依頼しましょう。はんこのプロであるのでしっかりとしたものを作ってくれるのはもちろんですが、直接依頼しているので安心感があります。

住んでいるところの近くにはんこ屋さんがない場合は、インターネットから注文することも選択肢の一つです。お店で依頼するよりも安く抑えられたり、取り扱っている素材が豊富だったりするメリットがあります。その反面、実物を見て購入することができないので、陰影などもプレビューを見て判断する必要があるので注意しましょう。

はんこを紛失してしまったら

はんこを紛失した場合、実印の場合は市区町村の窓口で紛失届を出して、印鑑登録証明書の交付を止めてもらいます。そして改印届で新しい実印を登録するようにしましょう。さらに警察に紛失届を出したり、契約した際に実印を利用した取引先に実印を改印したことを伝えるのも重要です。

銀行印の場合も、銀行に紛失届を出した後に改印届を出して新しいはんこを登録し、警察に紛失届を出しておくことが大切です。

使う場面や作る場所に気を付ける

はんこは使う場面によって、その種類を使い分けることが必要です。関係ないところで実印などを使わないように、気を付けなければいけません。また用意するときも、100円ショップなどのように大量生産されたものを使わないようにしましょう。

はんこ屋さんやインターネットから注文して、しっかりとしたものを作成してもらうのが重要です。

(おしゃれなはんこ風ロゴの作成アイデア)